売り上げアップに直結させる強力なキャッチコピーのつくりかた

目次

魅力的なキャッチコピーの定義

魅力的なキャッチコピーとは、タ−ゲットに対してのオファーやベネフィット、そして好奇心やニュース性を盛り込んだものです。

誰に対して(見込み客)、どんな利益(ベネフィット)がいつどんな革新的な方法や形(オファーや好奇心、ニュース性)でもらされるのか??を考えてメッセージを組み立てていくことが重要になります。

キャッチコピー作成の3ステップ

STEP
リサーチ

リサーチは料理でいうところの「素材集め」です。レシピがあっても素材がなければ料理を作ることはできません。

そして、美味しい料理を作るためには良い素材だけを厳選して集めたほうが良いということは言うまでもありません。 いくらレシピが良くても、素材の鮮度が悪かったり、腐っていたりするならばどれだけ頑張って作ったところで、絶対に美味しい料理を作ることができません。

「売れるキャッチコピーが書けない」という人のほとんどが、このリサーチの過程を飛ばしてしまったり、怠っていたり、あるいは間違った方法で行っているがゆえに効果的なメッセージを作ることができず、集客や販売に苦戦しているのです。

逆にリサーチさえ徹底して正しく行うことができれば、売れるキャッチコピーを作ることはそこまで難しいことではありません。まずはリサーチをしっかり覚えて実践した上でテンプレートを活用し、メッセージを組み立てていきましょう。

リサーチを行っていないと、、適切ではない、お客さんに、 あやまった商品を、あやまったメッセージで伝えてしまう可能性がある→結果的に予算だけかかって成果につながらない結果になってしまう

STEP
訴求ポイントの設定

書く前は必ず事前に、次の2つのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

・どんな人にメッセージを伝えたいのか?=訴求したいターゲット(顧客)を明確にする

・商品やサービスのどんな価値を伝えたいのか?=売りとメリット(提供価値)を明確にする

キャッチコピーを作るにあたり、注意しておくべきポイントがあります。 それは、「どう言うか」より、「何を言うか」の方が重要だということです。

同じ商品を売る場合であっても、それぞれターゲットが違えばそのメッセージの伝え方も大き く変わってきます。100人いれば100人全員に刺さるキャッチコピーを作ることは、そう簡単なことではありません。決して不可能ではありませんが、伝えるべきお客さんを絞ってい き、その人に対して刺さるメッセージを考える方が効果的なのです。

それができずにいると、どれだけ時間と労力をかけても、いつまでたっても刺さらないキャッチコピーしか作れず売上も伸び悩んでしまうでしょう。

リサーチをすることでお客さんが何を求めているのか、どんな欲求や悩み抱えているのか、を理解することができるようになれば、「何を言えば」お客さんが反応するのかが見えてくるようになります。

STEP
テンプレートに当てはめる

あとはテンプレートに当てはめてオリジナルのキャッチコピーをつくっていきましょう

お客様が思わず反応してしまうキャッチコピーをつくるための3つのリサーチ

キャッチコピーを作成する前に次のリサーチを行って素材を集めましょう

お客様についてのリサーチ

  • お客様が抱えている夜もねむねれないくらい悩んでいることや熱中していることは何か?
  • お客様は何に不安や恐怖を感じているのか?
  • お客様の不満や痛みの上位3つは何か?
  • お客様がつかう専門用語はあるか?
  • 性別、年齢、趣味、職業、年収などに特徴はあるか?

自社の商品についてのリサーチ

  • 売りたい商品は具体的に顧客のどのような悩みや問題を解決するものなのか
  • 自社商品の強みは何か、逆に弱みがあるとすればそれは何か
  • 弱みを強みに変える方法はないか
  • 社会的証明をしてくれる素材集め

ライバル・競合他社についてのリサーチ

  • 競合はどのような機能を、どのくらいの価格で販売しているか
  • 競合にあって自社にない強みは何か
  • 自社にあって競合にない弱みは何か
  • 競合はどのくらいいるのか(直接的にも、間接的にも)

キャッチコピーを作り出す前に、上記のことを一度紙に書き出して整理をしてみることでよりお客様を反応させるキャッチコピーをつくることができます。

誰でも簡単に効果的なマーケティングができるシステム

LINEで簡単なアンケートに答えるだけで詳しい資料がダウンロードできます。

資料ダウンロードをしてくださった企業様には今よりも確実に売り上げを上げるための6つのコンテンツも配布しております

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる